コンテストについて

2015年10月、日本新三大夜景都市に選ばれた「札幌」。
展望台から見下ろす街の灯り、ライトアップされた歴史的な建物、
イルミネーションが輝くイベントなど、
札幌市民をはじめ、旅行で訪れた皆様それぞれの視点で切り取った
夜景写真を募集します。
2016年、2017年3月に開催した札幌夜景写真コンテストでは、
札幌夜景の魅力をさまざまな角度から表現した作品が数多く集まりました。
今回は2017年10月1日から2018年1月4日までの期間、全8部門での作品を募集しました。

コンテストについて

日本新三大夜景都市とは

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが、新たな日本ブランドしての夜景観光の活性化を図るため、全国4,500名の「夜景鑑賞士」に対してアンケートを実施。
同ビューローが認定する「日本新三大夜景都市」として長崎・神戸とともに
「札幌」が選ばれました。

部門について

今回は下記8部門を対象に、作品募集を行いました。

  • もいわ山部門

    もいわ山部門

  • さっぽろテレビ塔部門

    さっぽろテレビ塔
    部門

  • JRタワー部門

    JRタワー部門

  • ノルベサ観覧車 ノリア部門

    ノルベサ観覧車
    ノリア部門

  • 白い恋人パーク部門

    白い恋人パーク部門

  • 大倉山部門

    大倉山部門

  • さっぽろホワイトイルミネーション部門

    さっぽろホワイトイルミネーション部門

  • ミュンヘンクリスマス市部門

    ミュンヘン
    クリスマス市部門

賞について

全部門の中から「グランプリ」(1点)。
各部門ごとに「最優秀賞」(1点)、「優秀賞」(4点)を
決定いたします。
応募受付終了後、審査員による一次審査を行い、通過した作品は
WEBサイト上での一般投票を行います。その後、審査員による最終審査を行い、受賞作品を決定いたします。

  • グランプリ [全部門の中から1点]

賞品

  • 最優秀賞 [各部門につき1点]
  • 優秀賞 [各部門の中から4点]
  • 審査員紹介

    丸々もとお

    夜景評論家/夜景プロデューサー/イルミネーションプロデューサー
    (一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事
    丸々もとお

    1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。1992年『東京夜景』上梓。日本でも唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始める。「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などをベースに評論する等、夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。夜景に関する著書は50冊以上。近作に、「最新版日本夜景遺産」(河出書房新社)、「日本のイルミネーションBest」(廣済堂)等がある。 神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、足利市、広島県、札幌市等で夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定(夜景鑑賞士検定)」及び「イルミネーション検定」総監修。日本初の工場夜景クルーズを手がけ「かながわ観光大賞」を受賞。イルミネーションプロデュースに「アパリゾート上越妙高イルミネーション」「門司港レトロ」「小倉イルミネーション」「ハウステンボス」「東京ドイツ村」「長崎グラバー園」「奧日光雪まつり」「ぐんまフラワーパーク「いくとぴあ食花イルミネーション」等。ライトアップに「出島」「大浦天主堂」(国宝)、中町教会、北九州アイアンツリー等多数。※商標登録『夜景評論家』第4408194号※照明コンサルタント(社団法人照明学会認定)※ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使
    オフィシャルWEBサイト:http://www.yakei-cvb.or.jp

一般投票者プレゼント

作品に投票していただいた方の中から抽選で10名様に、
もいわ山ロープウェイJRタワー展望室T38さっぽろテレビ塔観覧車ノリア の展望施設の招待券セットをプレゼントいたします。

2017年 入賞作品

眺望部門 グランプリ
眺望部門 グランプリ円山山頂から望む札幌の夜景
(撮影者:俺と佐藤さん)
眺望部門 準グランプリ
眺望部門 準グランプリSAPPORO NIGHT CRUISE
(撮影者:aisonさん)
イルミネーション・イベント部門 グランプリ
イルミネーション・イベント部門 グランプリFlower carpet
(撮影者:Pannonicaさん)
イルミネーション・イベント部門 準グランプリ
イルミネーション・イベント部門 準グランプリダブルクリスマスツリー
(撮影者:鉄牛さん)
ライトアップ部門 グランプリ
ライトアップ部門 グランプリ雨のイルミネーション
(撮影者:ミッチさん)
ライトアップ部門 準グランプリ
ライトアップ部門 準グランプリkirameki no yoru
(撮影者:南風さん)
手軽にスマホ部門 グランプリ
手軽にスマホ部門 グランプリ初めてのホワイトイルミネーション
(撮影者:ののさん)
手軽にスマホ部門 準グランプリ
手軽にスマホ部門 準グランプリ聖夜の光
(撮影者:Hiro*さん)
審査員特別賞
審査員特別賞蒼の時間と光の海と
(撮影者:森の人さん)

募集要項

コンテストの流れ

コンテストの流れ
  • コンテストの流れ1 応募受付開始
  • 作品応募期間
  • コンテストの流れ2 応募受付締め切り
  • コンテストの流れ3 一般投票開始
  • 一般投票期間
  • コンテストの流れ4 一般投票締め切り
  • コンテストの流れ5 受賞作品発表

募集要項

「もいわ山部門」「さっぽろテレビ塔部門」「JRタワー部門」「ノルベサ観覧車 ノリア部門」「白い恋人パーク部門」
「大倉山部門」「さっぽろホワイトイルミネーション部門」「ミュンヘンクリスマス市部門」の8部門において、
写真の公募を行い、一次審査を経てWEB上での一般投票により各賞を決定します。

応募作品について
  • 各部門のテーマに沿った作品であること。
  • 撮影場所は各施設等、及び各施設等を
    背景とすること。
  • 各施設等に配置されたキーワードを、応募フォーム入力欄に必ずご記入ください。
  • 応募点数の制限はありません(ただし、入賞作品は1人1点のみとします)。
  • 過去2年間に札幌市内で応募者本人が撮影した作品で、未発表の作品であること。
  • 人物等が写り、個人を特定できる写真の応募はご遠慮ください。
  • 画像の合成および加工は不可。
    ただし、明暗・彩度・コントラストの調整、トリミングは除きます。
  • 応募作品の著作権は応募者本人に帰属しますが、入賞作品については、ニックネーム、
    タイトルとともに札幌夜景観光推進協議会及び札幌市がパンフレット作成等の
    広報活動のために事前に許可を得ることなく無償で使用できるものとします。
    また、札幌市の観光写真ライブラリーにて無償頒布を行うことを許諾いただきます。
  • 入賞者の方には2018年3月下旬にメールにてご連絡いたします。
  • 入賞作品に関しましては、主催者にてパネルを作成し、
    市内展望施設、市内ホテル、札幌市役所ロビー等でパネル展を開催します。
データについて データサイズは3MB以上(長辺3,000ピクセル以上)10MB未満であること。
A2サイズのパネルを作成し展示するため、画像データサイズが小さすぎるものは選考対象外となる可能性があります。
応募期間 2017年10月1日(日)〜2018年1月4日(木)
注意事項 その他コンテストに関する規定については、応募規約をご覧ください。

作品の受付は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。